FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「JIA建築家と考える 暮らしと住まい」セミナーのご案合
今週末に新宿でセミナーします!

テーマは「太陽の恩恵を受けて豊かに暮らす~遮熱、集熱を上手くコントロールした住まいづくり~ 」
伝統的な日本の家屋では軒を深く出し、夏の厳しい太陽光を遮り、冬には室内奥まで太陽光を入れて暖かく暮らしていました。このような工夫をふまえながら、より積極的に太陽の恵みを活かし、豊かで楽しく、省エネになる住まいを考えてみましょう。
ご興味のある方は是非参加ください!

今夏は猛暑続きでした。この先毎年のようにこの様な厳しい暑さがやってくるとなると、夏の暮らし方も見直すことも大事になると思います。かと言って冬は太陽光を無駄にできません。
太陽光の恵みを受けつつ、夏の暑さを遮る暮らしを提案します。

開催日:2018年9月22日(土)
時 間:14:00~15:30
会 場:リビングデザインセンター3F OZONE ウェルカムプラザ
   東京都新宿区西新宿3-7-1  新宿パークタワー
講 師:片倉 隆幸(片倉隆幸建築研究所)
    :小山 将史(小山将史建築設計事務所)
コーディネーター:飯沼 竹一(アトリエ24) 
参加対象者:一般・学生も含む
参加費:無料
定 員:20名(先着順)
お申込みはこちら(OZONE) https://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/detail/565
主 催:(公社)日本建築家協会関東甲信越支部住宅部会
共 催:リビングデザインセンターOZONE







スポンサーサイト
外部の足場がとれました
遅れに遅れている「松波の家#2」ですが、ようやく足場がとれて外観が現れました。
ファサードラタン(すのこ状の杉板壁)の外壁が印象的です。
線路沿いなので屋上テラスからの眺めもとても気持ちいいです。

まだまだ残暑厳しい毎日ですが、職人さんたちには頑張ってもらって、残りの内装、設備工事、外構工事を完了してもらいたいです。
完成は9月中旬です。
内覧会ができるかどうか微妙です。
ご興味ある方は、事務所まで直接お問い合わせください。

松波の家#2

松波の家#2



避難所運営委員会
地元地域の避難所運営委員会に出席してきました。
折しも西日本では大雨による甚大な被害が出ているニュースを目の当たりにしている最中、単にボランティアという意識だけだなく、災害時に自分な家族を守った上で、何ができるか改めて考える機会にしたいです。

避難所は行政が運営するものでも、委員会が主導するものでもありません。
避難してきた人が助け合い共同して利用する場です。
いつどこで災害に被るか分からないからこそ、事前にルールや考え方、手法を学んで、いざという時に役立ては本望です。




保育園に用途変更
江東区で始まった、既存3階建てビルのコンバージョン。
やはり図面があっても、天井な床を撤去してスケルトンすると、いろいろと問題がでてきます。







パイプオルガン
ゴールデンウィーク終盤に、友人に誘われて、パイプオルガンの演奏を聴きにいきました。
オルガンのためにつくられたホールに鳴り響く音に圧倒され、豊かで繊細な音色に震えました。
この連休は仕事づくめでしたが、とてもいい気分転換になりました。









住まいの無料相談会
私も参加する千葉建築家集団TEAM043では、展示・無料相談会を4月17日~22日に開催します。
千葉市の「千葉市民ギャラリー・いなげ」が会場になります。

新築の計画はもちろん、リフォームや増築の計画や住 まいのお悩みなど、お気軽にご相談ください。

日 時: 4月17日(火)〜 22日(日) 10:00〜17:00
会 場: 千葉市民ギャラリー・いなげbusiness4.plala.or.jp/g-inage/
千葉市稲毛区稲毛1−8−35
参加費: 無 料
お問い合わせ:ご質問等は下記HPのお問合わせフォームへ

http://team043.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/

※会期中、下記セミナーも同時に開催いたします。
セミナーその1  講師:牧野嶋彩子
21日 14:00~14:30
子育てを楽しむ住まい ~家事動線、子育て動線を意識した家づくり〜

セミナーその2  講師:磯野智由
22日 14:00~14:30
改修か建て替えか?




180419
 
私たちは千葉を中心として活動している建築家のグループです。今回、4回目の住宅相談会を開催いたします。
住宅の取得をお考えの方はメーカーのモデルルームなどを見学されるのが一般的かもしれませんが、設計事務所に依頼して自分だけの夢の家を実現させるのも一つの選択肢ではないかと考えます。
チームメンバーの設計した住宅の事例写真や模型などの展示をご覧いただくことで、我々の存在をより身近に感じていただければと思います。
具体的な計画がない方もお気軽にお越し下さい。

○ご相談の事例
Q1. 近々に家を建てる予定はないのですが、それでもイベントに参加させてもらっていいのでしょうか?
Q2. 近く家を建てようと思いますが、まだ土地が決まっていません。土地探しの段階から相談することはできますか?
Q3. 設計事務所に依頼すると設計料分高くつきそうな気がします、メリットはなんですか?
Q4. 古い木造賃貸アパートを所有していますが、リフォームしてアパートを続けるか、新たに建て直すか悩んでいます。専門家として事業計画も含めて相談できますか?
Q5. 中古マンションを購入して、全面的にリフォームして住みたいと思っています。物件探しからご相談できますか?

180419_2






上棟しました
松波の家#2が無事に上棟しました。
スキップフロアー、屋上テラスなどあり、やはり手間取りましたが、陽が落ちる前に登り梁が全て架かって建て方完了です。
おめでとうごさいます!











防災倉庫のDIY移動
地元自治会で防災会会長をまかされています。
うちの自治会は児童公園がないので、防災倉庫を近所のコンビニの空きスペースに置かせてもらってました。ところがそのコンビニのオーナーが代わり、諸事情から防災倉庫が置けなくなりました。

そこで隣接する自然公園の空きスペースに新たな防災倉庫を設置することで、千葉市から許可をとり、2畳の大きさの新しい倉庫が2週間前に完成。

中の防災備品を移して、使いみちが無くなったこれまでの倉庫を自治会役員の家で使ってもらうことになりました。
そのために、先日その役員さんと自治会会長、私の3人で、解体、移動、再組立しました。
日本の物置きの作り、精度の良さをまじまじと見ることがてき、
貴重な体験になりました。






テーマ:DIY - ジャンル:ライフ

コンクリートブロック塀の危険
松波の家#2のお隣さんの敷地に、南側の空き地のコンクリートブロック塀の一部が先日の強風の影響で落下しました。人的被害が無かったから良かったものの、人がいたらと思うとゾっします。

建築基準法では、補強などの措置がないコンクリートの塀の高さは
1.2m以下と決められています。
熊本地震で同じような状況下で、塀が崩壊して、一人が即死、もう一人が大怪我を負った人災がありました
。塀の所有の方、このような塀の側にお住まいの方、どうか、一刻も早い是正を進めてください。

ちなみに、松波の家#2は写真手前が敷地です。計画当初から隣地持ち主にクライアント及び土地仲介業者から是正するように依頼していますが、、、







テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

コンクリート打設日和
「松波の家#2」の基礎のコンクリート打設です。

鉄筋を組み上げて、それを挟むように枠(型枠と言います)を立てます。その中に固まる前のコンクリート(生コン)を流し込むのが打設です。
コンクリートの品質が設計通りか確認するために、ミキサー車から生コンを採取して、決められた試験をして、合格したら、打設です。
天気が良くて暖かいので打設にはいい状況です。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。