FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
外部の足場がとれました
遅れに遅れている「松波の家#2」ですが、ようやく足場がとれて外観が現れました。
ファサードラタン(すのこ状の杉板壁)の外壁が印象的です。
線路沿いなので屋上テラスからの眺めもとても気持ちいいです。

まだまだ残暑厳しい毎日ですが、職人さんたちには頑張ってもらって、残りの内装、設備工事、外構工事を完了してもらいたいです。
完成は9月中旬です。
内覧会ができるかどうか微妙です。
ご興味ある方は、事務所まで直接お問い合わせください。

松波の家#2

松波の家#2



スポンサーサイト
上棟しました
松波の家#2が無事に上棟しました。
スキップフロアー、屋上テラスなどあり、やはり手間取りましたが、陽が落ちる前に登り梁が全て架かって建て方完了です。
おめでとうごさいます!











コンクリート打設日和
「松波の家#2」の基礎のコンクリート打設です。

鉄筋を組み上げて、それを挟むように枠(型枠と言います)を立てます。その中に固まる前のコンクリート(生コン)を流し込むのが打設です。
コンクリートの品質が設計通りか確認するために、ミキサー車から生コンを採取して、決められた試験をして、合格したら、打設です。
天気が良くて暖かいので打設にはいい状況です。









コロンブス工法
「松波の家#2」では、線路敷きに近いこともあり、地盤置換工法であるコロンブス工法という地盤改良工事をします。
べた基礎の下に厚さ30cm程度の発泡スチロールと同質のボードを敷き、更に砕石と専用の土木シートを敷くものです。
例えると豆腐の上に小皿を置いたようなイメージでしょうか。
これによって、軟弱地盤での不動沈下を押さえ、また地震や近接の道路や鉄道からの振動を緩和することができます。
液状化対策にも有効です。
アトリエ24では3物件目になります。

http://www.plg.co.jp/merit.html







松波の家#2
長期優良住宅の技術審査と認定に時間が掛かってしまい、また先週の雪の影響などもあって、2週間ほど工事着手が遅れてしまいましたが、ようやく地盤改良と基礎を作るための土工事(根伐り)がはじまりました。






厳寒の地鎮祭
厳寒の朝、松波の家#2 の地鎮祭でした。
抜ける様な青空と澄んだ空気、そして清々しい陽の光を浴びて、工事の安全と良い家が無事完成することを祈りました。





工事費見積り中
丁度一年前に依頼があった松波の家#2。
とってもこだわりがあって勉強家の建築主さんで、かなりの打合せと検討をを経て、ようやく実施設計がまとました。
工務店3社に見積り依頼中です。
でも、予定価格オーバーだろうな…(汗
来週から予算調整に格闘の兆しです(苦笑



by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所