建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
平等と公正
JIA住宅部会の月一セミナー。
私も普段の地域での活動を
紹介しました。
災害時の被害とその後の復興のスピードについて話しました。
その中で、平等と公正、、、
行政の平等ではなく、人としての公正を掲げたいと思いました。





平等と公正20180224




スポンサーサイト

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

二つの階段昇降機(つづき)
階段昇降機設置の続きです。
一つは、筆者の実家だったことを前回書きました。

もう一つは、実は筆者の自宅です。
自宅は築8年の2階建て木造住宅です。家族構成は夫婦、子供3人、義母の6人です。
始めから義母との同居が決まっていたので、その配慮をした計画でした。
1階の南向きに義母の寝室を配置し、浴室、洗面、トイレを近接しました。道路からのアプローチも含めてバリアフリーに対応した設計です。
リビングダイニングは明るく開放的でこの家の中心になるよう、階段、吹抜けを介した空間として2階に計画しました。
義母のことを考慮して、将来ホームエレベーターを設置するスペースも計画しました。

住み始めて、しばらくすると義母は元もと膝痛があり、手術することになりました。
手術自体があまり上手くいかなかったようで、その後リハビリに通う状況が続きました。
階段の昇降にも支障きたすようになり、エレベーターの設置を検討しました。

ところが、設計当初に製造販売されていた畳一畳分で設置できるエレベーターが法規制により、設置できなくなっていました。
これには困りました。様々なメーカーからカタログを取り寄せましたが、どうも我が家のスペースにあうエレベーターが無いのです。
そうこうしているうちに義母はいよいよ階段の上り下りができなくなりました。
そこで、階段昇降機の設置を検討しました。
それが、ちょうど、実家の昇降機設置と重なりました。
自宅の階段のスペースにも、やはり実家と同じメーカーの昇降機が一番フィットしました。

レールの曲がりも実家のものと同じ3カ所になりましたが、余裕を持たせた階段だったので上手く設置できました。

これによって、義母は朝昼晩と上下することが可能になりました。
写真は長男が足を骨折したときに都合よく利用できた様子です。

家づくりで大切なことは、将来を見据えて、家族構成が変わることや身体的な負担が生じることがあることに、その都度上手く対応できる配慮をしておくことです。
日頃、住宅相談やセミナーでそのことをアドバイスしていますが、今回の二例を通して実践できたことは、設計者として有り難いことでした。







テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

二つの階段昇降機
ちょうど一年前に、アトリエ24で設計した二つの住宅に階段昇降機を設置しました。

一つは、筆者の実家です。
両親の家ですが、母が頑固で設計者の意見を聞かず、1階に広間、台所と食堂、2階に寝室と茶の間というプラン構成になりました。
60半ばの頃ですから、本来ならば寝室と水場廻りは1階にすべきなのですが、聞く耳を持たなかったので、浴室トイレだけは強引に2階に計画してしまいました。そして、将来に備えてホームエレベーターを増築できる配慮も盛り込みました。
その母が心不全で5年近く闘病を続けてましたが、以外と足腰はしっかりしていたので、ホームエレベーターの増設を先延ばしにしていました。

昨年初めに、体調崩し再入院したときに、主治医から心臓に負担が掛かりすぎるから階段の昇降はさせられないので、1階で生活するか、ホームエレベーターを付けてからでないと退院させれれないと告げられます。
慌てて母に1階で寝起きする生活を説明しましたが受け入れません。エレベーターを付けて欲しいと言われました。しかしエレベーターを設置するには3ヶ月近く掛かることと、本人が早く家に戻りたいということから階段昇降機を提案しました。
母は当初はイメージがつかず不安がってましたが、昇降する様子のビデオを病室で見せたりして納得してもらいました。
でも母の容体は芳しくなく、主治医から身体も心臓も5年たち、それだけ老化していてこれ以上の治療は難しい。覚悟しておいて欲しいと説明がありました。

それでも家に帰りたいという母の希望を適えるために、階段昇降機を設置することにしました。
4社から設置の可否と見積をとり、実家の階段廻りの条件に合うメーカーを選びました。
階段昇降機は直線階段であれば、比較的容易に製作設置できます。それが折れ曲がりのある階段の場合は、椅子を昇降させるレールをカーブにそって曲げる必要があるので、その製作に時間と費用が嵩みます。当然のことながら椅子に座って昇降したときに機械や身体が壁や手すりに当たらない寸法があることが必須条件です。
アトリエ24では階段廻りには余裕を持たせた設計を心がけているので、この点は問題無く設置できました。メーカーに無理を言って3週間で製作、設置してもらいました。

ところが母の容体がますます悪くなり退院自体難しくなりました。
そこで主治医と相談して3時間の外出許可をもらって家に連れて帰りました。
車いすから昇降機椅子に乗り移り2階の茶の間に行けたことにとても満足していました。
昇降機自体も冷たいイメージだったのが意外にそうでもないと喜んでしました。
そして自分が死んだら父には邪魔だからレールごと外すように筆者に依頼しました。
結局この昇降機を利用したのは、その後に桜の咲く頃に外出許可をもらって帰宅した一度になりました。






テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

神成事務所のオープンハウス
TEAM043で一緒に活動する神成さんの事務所のオープンハウスに行ってきました。
90㎡弱の2階建て木造住宅です。
細部まで丁寧につくられいて相変わらず巧いですね。
スケール感も絶妙で狭さを感じさせない空間構成は流石です。
また良い刺激をいただきました。








建築審査課の完了検査
緑町の家、確認申請を千葉市建築審査課に出しました。
今日、完了検査を受験して指摘事項は無かったのですが、民間の検査機関と違ってポイント毎にキチンと確認していきました。なんかへんですが少しホッとしました。(苦笑

ちゃんと設計し、つくって、監理しているので、大した問題などあるはずないのですが、最近の民間の検査は、あっという間に終わってしまい、拍子抜けな感じも度々受けますので、そんな思いを持ったのでしょう。

千葉市役所がすぐ側にあるので、審査課に法解釈を相談に行くことが多いのですが、審査課窓口で相談だけじゃなくまには市にも申請してくれと言うので、この緑町の家は、フラット35などの付属する申請が無かったこともあり千葉市に確認申請しました。
申請料も民間に比べて安いので、ケースバイケースで申請先を選びたいですね。







OZONEセミナーのご案内です
住まいのセミナーのご案内です。

2017年度 OZONE住まいづくりセミナー 「JIA建築家と考える、暮らしと住まい」

https://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/detail/248

私が所属する、日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部・住宅部会主催で、リビングデザインセンターOZONEさんに会場を借りて
住まいづくりのセミナーを毎年行ってきました。今年度5回目のセミナーになります。
今回は、住まいの安全を事前に準備するという観点から、忘れがちな防災について考えたいと思います。
私がコーディネーターとして参加せていただき、二人の講師に分かりやすく「減災」について説明させていただきます。
「喉元過ぎれば熱さ忘れ」の諺どおり、このところ災害についてどこか、他人事のように、あるいは、記憶が遠のいていませんか。
お時間のある方は、是非参加いただき、住まいの防災について再度確認していただきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------
住まいの安全を減災から考える~「災害から暮らしを守るための準備」

いつ起きるか分からない災害に万全な備えはできませんが、もし被災して被害が小さければ、早く日常に戻れます。まずは自宅の性能、劣化状況、近隣家屋や道路状況などを把握することから、事前の準備について考えてみましょう。

日時:2018年1/13(土)14:00~15:30
会場:リビングデザインセンターOZON 7F住まうとサロン
    東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー 
            (TEL:03-5322-6500)
講師:下田仁(下田設計東京事務所)
    田端友康(田端建築デザイン事務所)
コーディネーター:飯沼竹一(アトリエ24)


主催:(公社)日本建築家協会 関東甲信越支部
共催:リビングデザインセンターOZONE
-----------------------------------------------------------------




Houzzの特集記事に取り上げられました!
Houzzという住宅のリノベーションやデザインのためのプラットフォームがあります。
そのサイトで「千葉の暮らしやすい家」15選におゆみ野の家が選ばれました。

https://www.houzz.jp/ideabooks/94187843/list

おゆみ野の家

「住まいの無料相談会vol.3」 11月11、12日開催します
 TEAM043の3回目の「住まいの無料相談会」を開催します。

住まいの新築、増築、リフォーム計画はもちろんのこと、悩み事や土地探しなど、実務経験豊かな建築家5人が親身に相談にお答えします。
今回は期間中「住まいのセミナー」も開きます。
具体的な計画のない方の参加も大歓迎です。
皆様のご来場をお待ちしております。

相談会開催日時:
11月11日(土)10:00〜17:00
11月12日(日)10:00〜17:00

建築家セミナー(相談会同時階差):
11月11日(土)14:00~14:30 「子育てを楽しむ住まい~家事動線、子育て動線を意識した家づくり~」
講師:牧野嶋彩子
※参加無料

会  場:街角ギャラリーどち   

住  所:
〒260-0034 千葉市中央区汐見丘町16-13タリアセン塩見1階
tel 043-247-3601


お問合せ:
TEAM043事務局(デ・ステイル建築研究所内)
TEL:043-225-5595
http://team043.com/

171101_1_20171101135933642.jpg  

171101_2.jpg

by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所
ぎりぎりでした
国立近代美術館で開催していた「日本の家」展、すべりこ見でみてきました。
日本の庶民の家は戦後からできたものです。たかだか70年くらいの歴史しかないですが、かなり発展?進歩?した様相を改めて感じましたし。


私が建築家を意識してした原点です。
清家清の斎藤助教授の家…原寸大の模型が展示されていました。
無駄のないミニマムな空間に改めて感銘うました。






by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所


テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

通り番号
緑町の家、構造材の確認をしました。
この家では、JAS認定の国産材を設計図書で指定しています。柱は杉、土台は檜、梁材は杉わまたは集成材です。
材に刻印した表示を確認します。



材には、建て方時に何処に収めるか分かるように、番号が表示されています。


この番号は、柱や壁の中心を表すのもので、設計図にも表記されます。
例えば1階居間の窓の位置を表すのは、1通りのから2通り側に450mmのところが窓の端部で、窓の開口はそこから1600mmだとかです。多くの一般の方は知らないですよね。

実は先日、せんげん台の家で、コンセントの位置が分からないカ所があると言うので、「平面詳細図をみてください。そのコンセントは5通りとA通りの交点の右側になります」とメールで説明しました。
すると「???」。「そのまわりにコンセントが5つつも設置されるのですか?}との質疑。
すぐに分かりにくい説明を謝罪しました。
つまり、これまでお施主さんには、この通り番号をあまり説明してこなかったとことに気づきました。
こんなところも、我々建築をつくる側の不親切さが出たんだなと、反省すべきを感じた次第です。

by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所