建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
「おゆみ野の家」で、家飲み♪
先週、「おゆみ野の家」で家飲み会がありました。
大人11人、子供13人の賑やかなホームパーティー(?)でした。
メンバーは、私がボランティアでコーチ参加している少年サッカーチーム4年のコーチ有志と、その家族です。
みなさんこの家を一度見てみたいとのリクエストに応えた催しでした。

おゆみ野の家

子供たちは子供たちで、用意された料理を食べて、お菓子を食べて、その後ゲームをし、かくれんぼをしたりして大騒ぎ…(笑
大人たちは、クラブのこと、家族のこと、仕事のこと、この家のことなどの話題で子供たち抜きに盛り上がりました…(苦笑
飲んで笑って食べて楽しい一時でした。

みなさん、お疲れさまでした。
また機会があったらやりましょう!
そして今回声を掛けられなかったコーチのみなさんも次は是非!
でも次は3家族ぐらいでお願いしまーす。m(_ _)m

おゆみ野の家

おゆみ野の家


by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所

スポンサーサイト
芝屋根の効用
芝屋根

今更あえて言うまでもないのですが、今年の夏の暑さは異常でした。
この酷暑のなかで、「おゆみ野の家」ではどのような生活だったか簡単にリポートします。

7月の20頃までは蒸し暑さのの中でもエアコン無しで生活できたようです。
この頃から連日猛暑日となりますが、この家でもさすがにエアコンを稼働させました。
ただ、昼過ぎから5,6時間程fだったととのことです。
そして一晩中エアコンを使ったのは一週間も無かったと。
これは今年の酷暑を考慮すればかなり優等生だった言えるレベルでしょう。
芝屋根だけでなく、屋根の断熱性能や通風の効用もあった思います。
でも芝生面を伝わって流れ込む風を感じると、何だかこの芝屋根ががんばった様に感じてしまいました…(笑

5月に施した芝は、あの陽射しの強さと暑さに
どうにか耐えたようです。
部分的に焼けてしたったところもありましたがご覧のように青々とした芝生になりました。




ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo! http://www.atelier24.jp








セルフビルドの屋上緑化
芝による屋上緑化

GWの最中に、「おゆみ野の家」の屋上に芝による緑化を施工しました。
緑化基盤材は、以前でもご紹介したパーライトボードを利用しています。

パーライトボード http://atelier24blog.blog91.fc2.com/blog-entry-179.html
芝貼り http://atelier24blog.blog91.fc2.com/blog-entry-185.html

この緑化の目的は、夏場の遮熱・断熱効果と屋上に上がったときの爽快感を得るためです。
高麗芝なので冬場は緑ではありませんが、春、夏、秋の3シーズンには芝の屋上が潤いを与えてくれることでしょう。

芝の屋根緑化の構成は、既設のFRP防水層の上に次の材料を載せただけで、非常に簡単な工法です。
耐根シート+ポリプロピレンシート+パーライトボード(厚さ20mm)+芝苗です。最後に目途を撒いて十分に散水して完了しました。


掛かった費用はセルフビルドなので材料費のみで、約約7,000円/㎡です。
ちなみに積載重量は水を含んだ状態で概ね35~40kg/㎡です。
大変軽量で、保水性と排水性があります。


芝による屋上緑化

参考)
パーライトボード製造:(株)三和製作所:
http://www.sanwa-3355.co.jp/
おゆみ野の家http://www.atelier24.jp/myhouse/pro_mh.html


お知らせ:
「おゆみ野の家」は、事前にご連絡いただければ見学可能です。
見学を希望される方やご興味のある方は、事務所までご一報ください。


ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo! http://www.atelier24.jp







「おゆみ野の家」の完成写真
おゆみ野の家

おゆみ野の家」の完成写真を事務所WebSiteにようやくUPしました。
竣工は昨年11月上旬だったのですが、忙しさを理由にのびのびになっていました。
それと、フィルム一眼レフカメラで撮って他のフィルムと一緒に保管していたのですが、先日現像してみると全てがピンぼけで、残念ながら予備でとったコンパクトデジカメの画像を流用しました。
なので構図、画質ともにイマイチですが、ご興味のある方は是非Websiteでご覧下さい。

ちなみに
、ピンぼけの原因はどうもカメラのオートフォーカス機能の不具合みたいです。
この
カメラはニコンのF801sという20年ほど前の一眼レフカメラです。
性能やデザイン等が気に入って使い続けてきたカメラだけにこちらもとても残念です。
とても強い乱視の私は、マニュアルによるピント合わせが不得手です…。
そんなわけで、高くついても修理に出すかどうか思案中です。

おゆみ野の家


この「
おゆみ野の家」はリビングやホール等の室内、ライトコートなどの見学が可能です。
事務所に連絡いただければ、見学日時を調整します。
お気軽にお尋ねください。


 ーダーメイドの家をあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp


柚子湯
このところ寒さが厳しい日が続いています。
昨日は冬至でしたが、皆さんは柚子湯に入りましたか?
ご存知でしょうが、柚子湯は血行を良くし、冷え性や腰痛などの症状をやわらげる効果があるそうです。
また風邪の予防になると伝えられています。

ちなみに冬の季語で、夏の季語は菖蒲湯です。

ゆず湯

「おゆみ野の家」では、浴室をハーフユニットバスにして、壁、天井に桧板を張り ました。
浴槽から下がユニットバスなので、翌朝には床が乾いています。
更に24時間換気ですからこの時期でも桧材の表面も乾いています。
ほんの少し気を使えばカビや腐食の心配がありません。

桧の香りがリラックスさせてくれます。
そして柚子の色取りと香りが疲れを取ってくれそうです。


ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp


オープンハウスにご参加有り難うございました
先週末の「おゆみ野の家」のオープンハウスにご参加いただいた皆様、何かとご多用な中有り難うございました。
お陰様を持ちまして、多くの方にご覧いただき、多くの貴重なご意見をいただき、改めて感謝いたします。 この後の設計にも、役立てていきたいと考えています。


オープンハウスの様子1
↑ リビングからホールを
見て お子さん達が走り回り賑やかな内覧会に

これまでに、事務所の設計で建てたお施主さんが二組、わざわざ見に来てくれました。
お一方は、「アトリエ24設計による一連の兄弟のような家」と表現をしていただき、その言葉にとても嬉しく感動さえ覚えました。
住宅建設業界も大変な状況下ですが、今後もお施主さんに感動を与え喜んでいただけるオーダーメイドの住まいをプロデュースして行きたいと思います。



オープンハウスの様子2
↑ 
ホール吹抜夕景見上げ 斜めの天井が夕陽に映えます。設計者でさえ思わずハッとしてしまいました…(笑

その他竣工写真は後日事務所WebSiteにUPします。
このブログでもお知らせします。

オープンハウスの様子3 アプローチ夕景


ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp

「おゆみ野の家」続報
「おゆみ野の家」工事中外観

今週末に「おゆみ野の家」の完成がせまりました。
台風の影響で土曜日から3日も雨が降り、外構工事の遅れが心配されます。
でもこの後はしばらく秋晴れが続くとのことで、ラストスパートです。
オープンハウスの開催までには、あらかた形がつくと思います。

オープンハウスは10/31日(土)、11/1(日)の予定ですが、1日(日)の方はまだかなりの空きがあります。
http://atelier24blog.blog91.fc2.com/blog-entry-199.html
もしお時間の都合がつく方はご覧ください。
房総方面へドライブのお帰り等に寄られるのはいかがでしょうか。
ご連絡をお待ちしています。


「おゆみ野の家」工事中階段ホール  
「おゆみ野の家」工事中2階キッチン

両日ともに予約制です。
見学ご希望の方は、住所、氏名、連絡先、見学ご希望日時をメールに明記され下記アドレスまでお送りください。
折り返し、所在地、案内図などを送らせていただきます。
またご質問等ある方もお気軽にご連絡ください。

アトリエ24一級建築士事務所
E-mail : info@atelier24.jp
Website: http://www.atelier24.jp

ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp


オープンハウスの続報
先日お知らせした、「おゆみ野の家」のオープンハウスの続報です。

千葉市市内で建設中の二世帯住宅が今月末に完成になります。
10/31(土)、11/1(日)にオープンハウスを開催します。
施工を請け負った工務店と共同開催です。


オープンハウスおゆみ野の家1
オープンハウスおゆみ野の家2

白を基調としたすっきり・暖かいデザインの住まいです。
2階に計画されたリビング・ダイニング・キッチンとテラスが連続し、柔らかに陽光が差し込み明るく開放的なプラン。玄関に入ると吹き抜けと階段、リビング ダイニングと繋がります。
「ただいま~」「お帰り~」と賑やかな暮らし。梯子階段を登ると青空の下、芝生の緑がまぶしい屋根に続きます。家族みんなの笑顔 が絶えず、温もりのある住まいができました。

・木造2階建て
・在来工法
・高断熱
・高気密住宅(次世代省エネ基準)
・構造計算によって成り立つ高いレベルの耐震性
・床下暖房
・屋上緑化

オープンハウスおゆみ野の家3
オープンハウスおゆみ野の家4

オープンハウス日時
①10月31日(土) 10:00~16:00
②11月  1日(日)
  10:00~16:00
両日ともに予約制です。
見学ご希望の方は、住所、氏名、連絡先、見学ご希望日時をメールに明記され下記アドレスまでお送りください。
折り返し、所在地、案内図などを送らせていただきます。
またご質問等ある方もお気軽にご連絡ください。

アトリエ24一級建築士事務所
E-mail : info@atelier24.jp
Website: http://www.atelier24.jp

株式会社佐久間工務店
Website:http://www.sakumakoumuten.com/

参考リンク
http://www.atelier24.jp/myhouse/pro_mh.html
http://atelier24blog.blog91.fc2.com/blog-entry-197.html


ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp



設計コンセプトの作り方
おゆみ野の家」の設計が始まってから、そのイメージ、コンセプトの検討を重ねましたが、なかなかまとまりませんでした。
その理由は、事務所のWebSaiteを参照していただくとして、そこで発想の転換を図るべき方法を使いました。
建て主の3人の子供たちに「僕たちの家」というイメージを絵にしてもらうことです。
小学5年生、2年生、幼稚園年長さんの3人です。
この方法は私が特別に使っているわけではなく、これまでも多くの建築家が用いた手法でもあるると思います。


長男のイメージ

次男のイメージ
長女のイメージ

子供たちは喜んで画用紙にいろいろ描き始めました。
その表現の早さにまず驚きました。
そしてこれは兄弟だからでしょうか、3人とも同じ様なイメージなのです。
普段からどんな家が欲しいか雑談していたのかもしれません。

30分ほどで描かれたそれらの絵を読み解くと、
①庭が広くて犬が飼える家
②窓がたくさんありバルコニーが広く、屋根にも登れる家
③3角形の屋根があり、天窓がある家
④階段、廊下が真ん中にあって中で繋がっている様子
ざっとこんな感じをつかみ取りました。

このイメージと施主要望を合わせて、設計コンセプトを導き出すことができました。
この子供たちが喜んでくれる家ができたでしょうか?
来月早々にはその結果がでます。それがとても楽しみです。



ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp

オープンハウスのお知らせ
オープンハウス「おゆみ野の家」模型 計画案模型

おゆみ野の家」のオープンハウスのお知らせです。
千葉市緑区で建設中の二世帯住宅が今月末に完成になります。
10/31(土)、11/1(日)にオープンハウスを開催します。
工務店との共同開催になりますので、時間などの詳細が決まりましたら、改めてこのブログ、および事務所のWebsiteにてお知らせします。
見学希望の方やご興味がある方はお気軽にお問い合せください。

オープンハウス「おゆみ野の家」工事中の外観 工事中の外観


ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp