建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
東京国際フォーラム
東京国際フォーラム

先日、東陽駅八重洲口近くでの国産材住宅の講習会に参加した後、少し時間があったので、有楽町方面へぶらぶらと歩いてみました。
夕闇に染まる東京駅界隈はどこを見ても同じ様な高層事務所ビルで埋め尽くされているように見えました。 そんな中で異彩を放っていたのがこの東京国際フォーラムのガラス棟です。
久しぶりだったので、吸い込まれるように中に入ってしまいました。


東京国際フォーラム

東京国際フォーラム

国際建築家連合(UIA)の基準に基づく国内初の国際公開コンペによって、ラファエル・ヴィニオリという建築家が設計した建築です。「船」をイメージしたこのガラス棟は都市景観として、また有楽町の顔として成功していると思います。
メンテナンスに金が掛かりすぎるとの指摘はあるようですが…


東京国際フォーラム

久しぶりに、有楽町界隈を歩き、変わりゆく街を見て、秀逸なデザインを見て、いい気分転換になりました。
間もなく師走です。今年もあと僅かですが、気を引き締めて頑張ろうと。

ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp



スポンサーサイト
おろち
大蛇1

昨日、東金道路で初めて見かけました!
直線道路の部分でかなり前方に小さく見えたのに「何じゃありゃ??」「バットマンカー?」…
巡航速度が90km/hくらいだったので、すぐに追いつくとそれは数年前にモーターショーで見た光岡自動車の「大蛇(orochi)」…
凄いな~♪ 
しばらく併走してジロジロ見てしまいました!(笑

生憎デジカメを持っていなくて、使い勝手の良くない携帯の写メで撮影。
まさに大蛇の様な不気味なフロントビューは残念ながらNGでした。

好き嫌いは別として、とっても目立つ車であることは間違いありません。
どんな方が乗ってるのかと思い横につけてチラ見すると、何と茶髪のおねーさんでした!!
高速を降りて、片貝海岸の方へ颯爽と消えていきました。


大蛇2


ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp


オープンハウスにご参加有り難うございました
先週末の「おゆみ野の家」のオープンハウスにご参加いただいた皆様、何かとご多用な中有り難うございました。
お陰様を持ちまして、多くの方にご覧いただき、多くの貴重なご意見をいただき、改めて感謝いたします。 この後の設計にも、役立てていきたいと考えています。


オープンハウスの様子1
↑ リビングからホールを
見て お子さん達が走り回り賑やかな内覧会に

これまでに、事務所の設計で建てたお施主さんが二組、わざわざ見に来てくれました。
お一方は、「アトリエ24設計による一連の兄弟のような家」と表現をしていただき、その言葉にとても嬉しく感動さえ覚えました。
住宅建設業界も大変な状況下ですが、今後もお施主さんに感動を与え喜んでいただけるオーダーメイドの住まいをプロデュースして行きたいと思います。



オープンハウスの様子2
↑ 
ホール吹抜夕景見上げ 斜めの天井が夕陽に映えます。設計者でさえ思わずハッとしてしまいました…(笑

その他竣工写真は後日事務所WebSiteにUPします。
このブログでもお知らせします。

オープンハウスの様子3 アプローチ夕景


ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp

長期修繕工事の確認立会
マンションの長期修繕工事01

先週末に、今住んでいるマンションの修繕工事の中間確認に立ち会いました。
管理組合の理事会から要望で是が非でも見てくれとのお達しで…(苦笑
9月から開始された大規模修繕工事が概ね半分が住んだので、中間金の支払もあるのでこの確認立会があったようです。

マンションの長期修繕工事02

今回は11年目の修繕工事です。
6年前に鉄部塗装などの修繕工事があり、その時は理事会にいたので、設計から工事全般まで係わりました。 その時の施工業者は当マンションの設計施工をした大手ゼネコンのT社で、多少費用が高くついたのですが、ブランド名をアテにして発注し、それまでの瑕疵なども含めて対応してもらいました。
マンション管理会社の設計部隊は技能が乏しく仕事ができないので、理事会で協議して工事監理の委託を打ち切り、私を含めて数人の理事が手弁当で見ることになりました。
その時にいくらボランティアで頑張っても、住民の一部(あるいは半分くらいかも…)の人たちからは、どれだけの時間を費やしても理解されないし、自分たちの都合や権利だけ主張されるのに辟易して、その後理事会から離れました。

マンションの長期修繕工事03

その様な事情があって、今回の修繕計画にも参加していませんでした。
修繕工事の設計業務を委託すること、施工会社を公募することなど、管理組合からの報告は核にしていましたが。
ほどなくして、中堅ゼネコンのH社に工事を発注することとなり、8月から工事の説明が始まり、9月には着工しました。私はこのH社から住民への周知徹底が上手くできていることに、かなり感心しました。
そして仮設工事の段取りなど観ても、さすがこれまで多くの改修を手掛けているだけのノウハウがある建設会社だと評価していました。

マンションの長期修繕工事04

立会確認は、私の事情を勘案してもらい朝8時30分から始まりました。
前記したように工事自体はおそらく大した問題は無いだろうと判断していました。
ですから現場事務所で、契約書と報告書、検査記録簿などを先に確認しました。

問題になったのは、第三者の立場の工事監理を委託されている設計事務所のK社です。
この事務所の現場担当者は契約書で週に2日(16時間)の監理業務をすることになっていますがその記録がありません。
施工会社が作った検査記録に指摘や是正事項がありますが、完了を確認した様子も無いのです。
私が「委託業務の成果品は何か」尋ねてもそれを理解していませんでした。
施工業者がしっかりしてるから、全体的な施工に関して問題が生じるようには思えないのですが、これならば設計事務所が無用になってしまいます。同業者としては情けない限りです。

理事長に、諸事情で先に退場することを侘び、この後の立会で何かあったら連絡してもらうことにして、何だか腑に落ちない気持ちで、その日開催するオープンハウス現場へ急ぎました。


マンションの長期修繕工事05 
↑各棟のエントランスホールに毎日工区の進捗状況と次の日の工事予定、ベランダに洗濯物が干せるかどうか各住戸に○×で表示されています。



ーダーメイドの住まいをあなたに
by takezo!  http://www.atelier24.jp