建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
杉板にベンガラ塗装
匝瑳の家

匝瑳の家では外壁に杉板を張ります。
この杉板には耐久性と色合いを求めて建築主の希望で黒のベンガラを塗ります。

この写真は今年の9月ころのもので、実際の現場では外壁の板張りは完了しています。
この家ではかなりレアな仕様、施工を行うので、逐一ご紹介したところですが、なかなか記事をUPできず残念です。
現場はかなり工期が遅れていて、来年2月ころの竣工になると思います。

さてこのベンガラ塗装は酸化第二鉄を主成分とした自然顔料です。
通常は柿渋で溶いて、木材の塗装などに使用します。
刷毛で塗ってウエスでふき取ります。
乾燥後に塗膜を強くし、腐食を防ぐために、今回は荏胡麻の種からとった荏油を塗りました。
耐光性が強く、時間が経っても変色しにくいので、外壁の塗装に適しているとされていますが、アトリエ24でも扱うのは初めてです。

建築主がDIYで塗って、塗った杉板から大工が張る予定でしたが、塗る数量が多く、半分で断念。その後塗装屋さんに代わってもらいました。みなさん忙しい中での施主施工はやっぱり難しいです(苦笑

幅13cmの杉板が一枚一枚づつ張られていきます。
手間暇掛かった昔ながらの仕様はやはり強い存在感があります。
落ち着いてとっても良い雰囲気にできました。


匝瑳の家



匝瑳の家


by takezo! http://www.atelier24.jp

千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所




スポンサーサイト
「真間の家」もう少しで完成
先にご案内した「真間の家」ですが、工事ラストスパートです。
商店街に面した敷地で資材の搬入、搬出、建て方など大変だった上に、工期も決して十分では無かったのですが、
さらに設計変更もかなりありました…(汗
それでも10日遅れで完成です。

現場監督はじめ、職人の皆さん、工務店の皆さん、本当に感謝いたします。

13日には完成内覧会を行います。
敷地面積32坪ですが、明るく開放的な内部空間をつくることができました。
ご興味のある方は是非見学ください。


真間の家
2階リビングからルーフテラスを見る



by takezo! http://www.atelier24.jp

千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所

完成内覧会のお誘い
千葉県市川市の「真間の家」の内覧会を開催させて頂く運びとなりましたのでお知らせします。

真間の家

【日時】
2014年12月13日(土)
午前10時~午後5時 (予約制)
【住宅の特徴】
住宅密集地に建つ、木造3階建ての住宅です。
壁に囲われたルーフテラスと2階LDKとを一体的に計画することで、プライバシーに配慮しながら、開放的で陽光溢れる空間ができました。
3階と2階は勾配天井を活かし、吹き抜けを介して家族の気配を感じることができるようにした伸びやかで居心地の良い空間です。
住空間を内包する勾配屋根とシンプルな立面が特徴的な外観を形成できました。

 

*プライバシーの観点、お越し頂いた方へ十分に説明できるように予約制とさせて頂きます。

見学ご希望の方には、住所・氏名・連絡先・ご見学時間を下記のアドレス又は電話番号にて御連絡頂きたいと思います。
折り返し所在地や案内図などをお送り致します。
また、ご質問等も気軽にお尋ねください。
【連絡先】
TEL :043-238-5095
担当:植村


真間の家

by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所