FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
手書きの図面
河原塚の家#2の家が売却されることになりました。
私としては設計事務所を独立する時に手掛けたとっても思い入れのある家です。
幸いなことに、売却仲介をする不動産屋さんと連絡がつき、リフォームの相談をうけています。
当時の資料を引っ張りだすと、データではなく、手書きの図面が出てきました。
CADが普及し始めた頃で、私もこの物件が手書きで書いた最後になりました。
懐かしさと共に手書きの図面の美しさ、味わいが、当時の気持ちも思い出だされてきました。
今更戻せませんが、今の製作環境が昔よりも良いとは言えないことをしみじみ感じました。





by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所

スポンサーサイト



断熱材の吹付
磯辺の家は、構造躯体の検査が済み、断熱材の吹付施工をしました。
水性のウレタンフォームを柱と梁の間に厚さ90mm吹付ます。
ただ90mmちょうどには吹き付けられないので、柱のサイズ(奥行き)105mmまで余計に吹いています。
出っ張った部分は、壁仕上げするのに邪魔にならので削り落とします。





断熱材は、様々な材料、施工方法があります。
断熱性能値を決めてそれに見合う断熱材の厚さにすれば、どの断熱材を選んでも断熱性能は同じです。
ただし、その家の建つ環境や構造、建築主の希望やコストによって取捨選択します。

断熱材の施工が終わると仕上げ工事に入ります。
工事は順調です。
8月末には完成予定です。


by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所