FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
構造材の継ぎ手加工
「匝瑳の家」では、木の構造材は大工さんが手作業で加工します。

いわゆる工場機械加工をプレカット製品といいます。
職人の技量の差による不具合を少なくし、効率的に、早く、大量に加工できます。
アトリエ24のこれまで木造建築でも9割はこのプレカットです。
機械加工できない継ぎ手、仕口は腕の良い大工さんが現場で加工しました。
「谷津の家」や「おゆみ野の家」などはこのスタイルです。
http://atelier24blog.blog91.fc2.com/blog-date-20090420.html


この家は、クライアントのこだわりが強く、地場の杉、桧を選び、大工に加工してもらいます。
昔ながらの「墨付け手刻み」です。
大工の棟梁はクライアントの古くからの知人で、腕の良い大工だと聞いていました。

匝瑳の家

匝瑳の家

この日は、クライアントと一緒に、この棟梁の作業場に打合せを兼ねてお邪魔しました。

作業は土台の加工が終わり、先に部材発注した小屋梁の刻みをしていました。
子どものころ見た、鉋(かんな)掛けはさすがにありません。
それでも、プレカットの味気ない仕口と比べてやはり重さが感じられました。

このあと、丸太から製材した2階の床梁、柱が人工乾燥の工程を経て、この作業場に搬入されます。
その構造材の加工が済むと、現場に持込み、建て方です。




by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
手際よさ
大工さん達に無理やりお願いして、久しぶりの手刻みだといっていましたが、凄い手際の良さで材が仕上げられているのにはビックリしました。

日本の伝統的な匠の技の一端ですね。

金目鯛は皆さんでぜひ食べましょう。
煮付けはとろけるような味と旨味です。
2014/06/25(水) 12:38:13 | URL | wk2dk2な施主 #-[ 編集]
>手際よさ
本当に手際良いですよね!
今後の木造建築もお願いしたいくらい。
上棟が楽しみです。

いいですね♪金目鯛の煮付け。
建て前の後に皆さんで食べたいですね。こちらも楽しみです。
2014/06/25(水) 15:39:41 | URL | takezo! #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック