FC2ブログ
建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
新たな宅地造成を規制すべきだ
先日、「鎌取の家」を見学したいという相談者があり、1年ぶりにお邪魔することのななりました。
http://www.atelier24.jp/work/kamatori.html
この住宅はかなり昔の住宅開発地にありますが、近年は老朽化した住宅が多く、建替えや古家の売り出しがある地域です。
この「鎌取の家」も、元の敷地所有者が相続のため、古家を解体して更地にして売り出した物件です。それを施主と私どもで不動産屋さんの紹介を受けて、価格が安いながら上手くプランニングすれば計画が成り立つことで購入してその上で住宅を建てたものです。
北向きの敷地と周囲の道路が4mと狭いのがデメリットでした。

ですが駅から徒歩8分で、緑豊かな静かな環境が魅力です。
しかしながら、
この敷地と同様この住宅団地は、空き家が目立ち土地自体が安くなっているのが実情です。

さて、添付の写真です。
この「鎌取の家」の計画をしていた3年前から、宅地造成が始まっていました。
ここだけではなく、この周辺は何カ所か、大規模な造成が今も進められています。
これだけ、空き家が増えることが問題になっているのに、古い住宅団地の隣に、新たに雑木林や畑をつぶして、新しい宅地をつくっているのです。
新たに道路をつくり、下水道本管と水道本管を新設して…このインフラは千葉市の所有になります。
電気や都市ガスは各企業のインフラでしょうが、最終的には我々が支払う料金体系に組み込まれます。

これらの住宅が一気にたくさん供給されることで、近隣の小学校、中学校が影響を受けます。
そして、
新しい道路と均質な宅地ができ、その上にハウスメーカーの住宅展示場の様な住宅街が、全国どこにでも同じように誕生するのです。

以前にもこのブログで話してきましたが、人口減、世帯数減に入った日本、それでなくても空き家率が急増している状況下で、これ以上新しい宅地を増やしてどう言うメリットがあるのでしょうか。
ただ単に空き家対策に目を向けるのではなく、建売のマンション、アパートも含めて宅地造成の規制を厳しくしてほしいと思います。
この「鎌取の家」のように、古い宅地を利用して新しい住宅を建てる、あるいは増改築して新しい住民に移り住んでもらう、など古くなった住宅地を再利用することが空き家問題を解決する一手段だと考えます。
そして、国も自治体もこれからの公共インフラの維持管理を早急に見直すべきだと考えます。
古い住宅地の水道や下水道、道路だって維持管理をしていかなければならないのですから。

宅造

宅造


by takezo! http://www.atelier24.jp
千葉、東京で住宅設計を行う建築設計事務所


スポンサーサイト

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック