建築家・飯沼竹一のブログです。暮らしや住まい、家や建築、街などを通して見聞きしたこと、日々感じたこと、考えたことなどを気儘に手記にしています。四方山話も含めて呑気に続けて行こうと思います。 ご意見ご感想などお願いします。
目抜き通りが閑散として
千葉駅前のロータリーに繋がる千葉中心部。
平日の昼間、人通りもクルマも少ない。
千葉三越が閉店してもうすぐ1年、そして写真の奥には千葉パルコがあったがこれも2年前に閉店。
JR千葉駅が駅ナカをつくって、駅周囲は人が増えたけど、中心部は休日でも人がまばらな状況に見えます。
どうするつもりなのでしょうか?
ますます郊外型のショッピングモールに人が分散してしまう。それも全国同じような店ばかりで…辟易している。
もっと人が集まる、商店街が面白くなる仕掛けを考えて欲しいですね!
このままでは栄町と同様廃れていくばかりです。





青空の中に…辛夷(コブシ)の蕾。
まだまだですが、このところの三寒四温のような気候ですから、もうしばらくの辛抱です。





元スタッフの結婚式
元スタッフU君の結婚披露宴でした。
心配された雨もはやくあがり陽射しのなかでの挙式と披露宴ができて良かった!
二人の気配りと優しさが溢れるひと時を感じられ嬉しかった!おめでとう㊗️







新婦のお父さんが端材を鋸で加工し、俊朗新婦が着色した「家」…各テーブルに一つずつ飾られていました。






松波の家#2
長期優良住宅の技術審査と認定に時間が掛かってしまい、また先週の雪の影響などもあって、2週間ほど工事着手が遅れてしまいましたが、ようやく地盤改良と基礎を作るための土工事(根伐り)がはじまりました。






マッチ


4月に私が所属する「ちば建築家集団」TEAM043では展示・無料相談会を4月17日~22日に開催します。
千葉市の「千葉市民ギャラリー・いなげ」が
会場になります。
http://business4.plala.or.jp/g-inage/

今日、その会場で利用する備品を確認に行ってきました。
その折、
山口マオ「絵本とイラストレーションの世界2」を観てきました。
独特な表現ととっても個性的なキャラクターたちにしばし癒されました。
で、ショップで売っていたマッチを買ってしまいました。
今どき、マッチは使わないけど、何だかやけに気になってしまって…(笑
この展覧会は今月18日までの開催です。疲れている方々、気分転換にいかがでしょうか。




福寿草
実家の庭に福寿草が咲き始めました!
母が好きな早春の花でした。
寒さはまだ厳しいですが、陽射しは少しずつ暖かくなってきました。
180208.jpg




「緑町の家」引渡しと内覧会
27日、28日は、竣工引渡しでした。
建築主ご一家の笑顔の中で、鍵と完成書類の引渡しができました。
この家を施工した佐久間工務店さんは、祭壇を設え、社長が神主として竣工式をおこないます。なかなか粋な計らいです。

その後、建築主のご好意で、内覧会を二日間開催しました。
同業関係者が多かったですが、寒い中、見学いただいた皆様、ありがとうございました。










建築審査課の完了検査
緑町の家、確認申請を千葉市建築審査課に出しました。
今日、完了検査を受験して指摘事項は無かったのですが、民間の検査機関と違ってポイント毎にキチンと確認していきました。なんかへんですが少しホッとしました。(苦笑

ちゃんと設計し、つくって、監理しているので、大した問題などあるはずないのですが、最近の民間の検査は、あっという間に終わってしまい、拍子抜けな感じも度々受けますので、そんな思いを持ったのでしょう。

千葉市役所がすぐ側にあるので、審査課に法解釈を相談に行くことが多いのですが、審査課窓口で相談だけじゃなくまには市にも申請してくれと言うので、この緑町の家は、フラット35などの付属する申請が無かったこともあり千葉市に確認申請しました。
申請料も民間に比べて安いので、ケースバイケースで申請先を選びたいですね。







「緑町の家」内覧会のお誘い
千葉市稲毛区の「緑町の家」が1月末に完成します。建築主さんと工務店さんのご好意から、内覧会を開催させていただけることになりましたのでお知らせします。

【日時】
① 2018年1月27日(土)午後1時~午後5時
② 2018年1月28日(日)午前10時~午後4時
(事前予約制)
*プライバシーの観点、お越し頂いた方へ十分に説明できるように予約制とさせて頂きます。
見学ご希望の方には、住所・氏名・連絡先・見学時間をメールか電話にてご連絡ください。
折り返し所在地や案内図などをお送り致します。
また、ご質問等も気軽にお尋ねください。
【連絡先】
E-mail :
info@atelier24.jp
TEL :043-238-5095


180116_1.jpg

【住宅の特徴】

北向き道路で46坪の南北に長い整形地。東側アパートと南、西側に隣接する戸建住居に囲まれていて、冬場には1階部分に自然光が入らないのが、それを逆手に取りプライバシーを守るために周囲とのつながりを絶ち、内側に安心感があり、開放的で明るくとても居心地の良い住空間を計画しました。
2階リビングダイニングをの計画を採用して、ワンルームで20畳のLDKを配し、南側に13畳のアウトドアリビングをつなげました。
LDKは天井高さが2.4m~3.0mに緩い天井勾配を持ちながら広がり南面のハイサイド窓から秋~冬、そして春まで自然光が入ります。
アウトドアリビングは2.4mの壁で周囲からの干渉を遮断しプライベートな半屋外空間として利用できます。青空を強く感じさせ、季節ごとに多彩なオープンエアーな空間を演出し、休日のブランチやBBQなども楽しめ、ビール片手に幸せな時間を過ごすことができます。
浴室はアウトドアリビングに面して開放した計画で、露天感覚で星を見ながらゆったり入浴できます。
心地良く安らぎのある住まいを、この家族4人のためだけの、温ったかスッキリのデザインの家をつくりました。

180116_2.jpg

【計画概要】

緑町の家(周囲から隔て守られた安心感と心地良さのある家)
建設地     : 千葉市稲毛区
敷地面積   : 153.79㎡(46.5坪)
建築面積   :  72.66㎡(22.0坪)
延床面積   : 105.60㎡(32.0坪)
規模      : 地上2階建て
構造      : 木造(在来工法)
仕様      : 耐震等級3/省エネ等級4

家族構成   : 夫妻+子供2
設計工事監理: アトリエ24一級建築士事務所
  意匠・設備: 飯沼 竹一
  構造    : 佐藤 岳人(TS構造設計)  
工事施工   : 株式会社 佐久間工務店





厳寒の地鎮祭
厳寒の朝、松波の家#2 の地鎮祭でした。
抜ける様な青空と澄んだ空気、そして清々しい陽の光を浴びて、工事の安全と良い家が無事完成することを祈りました。